会社設立における司法書士の役割

会社を摂理するためには、商業登記の申請をはじめ、複雑な手続きや書類の作成が必要です。
これらは、自分で行うこともできますが、素人には敷居の高いものもあります。
司法書士のサポートを受けた方が、安心です。

司法書士が、登記申請だけではなく、書類作成や定款認証等、会社設立に必要な手続きも行う場合があります。
それでも、報酬が5万円程度ですむ場合もあります。
料金をもっと安く抑えたい場合には、自分でできるところは自分で行なって、複雑なところだけを代行してもらったり、アドバイスを仰ぐという方法もあります。

しかしながら、それでも「自分で設立手続きを行う」となれば、かなりの手間と労力がかかります。
手続きを調べ、必要書類を調べ、何度も法務局等に行かなければいけません。
「時は金なり」という言葉がありますが、後になって「結局は専門家に頼むのが得策だった」と考える人も多いようです。

また、設立にあたってトラブルが発生することもあります。
素人で対処するのは大変です。
最初から「法律の専門家」に頼んでおけば、トラブルを未然に防ぐことができ、トラブルが起こっても迅速に対処してもらえます。

そして、司法書士に設立を依頼しておけば、会社設立後に何かのトラブルが発生した場合でも、気軽に相談できるというメリットがあります。

これらのことを考え合わせると、元々そこそこの法律知識を持っている人を除いては、会社設立にあたって司法書士のサポートを受ける方が得策といえるでしょう。

*このサイトは現在準備中です